Editorʼs SHOP CRUISE_01

デイリーからエレガントまで大人女性必見のラインナップ
PESERICO〈ペセリコ〉[EAST B1F]

info_hp645_1806_01

エディターの小西です。ヒルトンプラザ Editor’s SHOP CRUISE がスタートします。EAST B1F の入口をまたいですぐ目に飛び込んでくるのは、アパレルブランド PESERICO〈ペセリコ〉の洗練されたコー ディネートが並んだショーウインドウ。通りすがりでも大人のお洒落心をくすぐられるそのセンスはイタリア製の品質ならでは。早速店内に引き寄せられるように入ってみると、そこは白を基調とした落ち着いた空間。またすぐに手に取りたくなるカジュアルアイテムも多く並び、お気に入りを心ゆくまで吟味できます。PECERICO〈ペセリコ〉では、天然素材のコットンやリネン、シルクを使ったアイテムを中心に清楚で上品な女性をイメージした商品展開をしているそう。

info_hp645_1806_02

店内に入ってまず気づくことは、アイテムが種類やテイスト別ではなく、色で分けられていること。スタッフさん曰く、色のトーンで分けたり、並びにこだわったりするのは「気になるアイテムを中心にトータルコーディネートすることができるように」だそう。PESERICO〈ペセリコ〉では、ワンアイテムの紹介ではなく、トップスから足元、小物に至るまで数々の全身コーディネイトを提案いただけるというから、着こなしに不安な人はもちろん、自分で考える以外の新たなコーディネートを発見できるのが嬉しい。気になる色のトーンは、ベージュ、ネイビー、グレーといったやさしい色味のパターンを中心に、季節に応じたトレンドカラーを追加。ちなみに今シーズンは、グリーン系・オレンジ系のカラーを新展開。大人エレガントな装いのアクセントとして取り入れることができそうです。

info_hp645_1806_03

これから夏に向けてのおすすめのアイテムは“羽織もの”ということで、私が着ていたロングカーディガンを脱ぎ、早速おすすめのボレロを試着させていただきました。着て納得。ボレロならではの丈感が視線を上へ持っていってくれ、スタイルアップが叶います。これからの季節、暑いけれど腕を全部出すのはちょっと… …という気持ちが少しでもある方にはとても嬉しいアイテム。程よくそで丈があり、軽いのにしっかりとした編み目の羽織ものは1つは持っておきたいものです。ワイドパンツ、スカート、ワンピース、と合わせるアイテムを選ばないため、お手持ちのアイテムにぜひ合わせてみてはいかがでしょうか?

info_hp645_1806_04

試着したボレロをポイントにしたおススメのコーディネートがこちら。(写真中央)ふんわりとした透け感ブラウスにスパンコールをあしらったボレロをはおり、デニムなどブラウスの甘さを抑え、リュクスなカジュアル感を演出しています。
ボレロ(コットンリネン スパンコール付)税込 73,440円/ブラウス(コットン100% モスリン)税込 56,160円/デニム(コットンリネン ワイド)税込 84,240円/サンダル(スウェード グレージュカラー)税込 60,480円

info_hp645_1806_05

PESERICO〈ペセリコ〉のアイテムはベーシックな色合いと旬のエッセンスを取り入れたデザイン、そして、カジュアルにもエレガントにも着こなせる幅の広さが魅力です。それは、天然素材の使用やパターンにこだわった上質なアイテムだからこそなせる技。今季注目のカーゴパンツやコクーンスカートも、合わせるアイテムによって、また着る人によって、さまざまな表情をつくり出してくれます。そして、ぜひ訪れた際に味わっていただきたいのが、「ラグジュアリーな空間で、デイリーなアイテムを選ぶ」という非日常的な贅沢です。イタリアのブランドだからといって躊躇することなく、気軽に訪れることのできるPECERICO〈ペセリコ〉。お気に入りの1着を探しにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

Text:Reina Konishi Photos:Robin Haseba

Facebook はこちら
Instagram はこちら


小西玲奈 フリーランスエディター・ライター。関西の出版社で女性ファッション誌の編集、その後、上京し、全国女性ファッション誌の編集を経験。独立後は、関西へ戻り女性ファッション誌やWebサイトで取材や広告撮影、ライティング業務を実施。現在も、ファッションを中心に美容、ライフスタイルなど幅広く活動中。